EB-5 への投資とは?

 

EB-5への投資には2つの方法があります。 オプションの1つは、パートナー、個人事業、株式会社、事業信託、またはその他の事業体を通して米国内の不動産開発プロジェクトなどの商業に直接投資することです。EB-5投資家の多くは、USCISがEB-5投資プロジェクトを管理するために設定した地域センターを通して投資をしています。その場合はUSCIS が設定したEB-5プログラム規則を遵守する義務があります

地域センターを通しての投資に対する規制は、直接投資よりもはるかに寛容です。たとえば、地域センターでは雇用創出の検証する際に、給与計算記録を表示する必要はなく、パートタイムとフルタイムの労働者を区別しない経済モデルを使って、雇用創出を検証することが許可されています。

さらに、地域センターは雇用創出要件に対し「間接的な雇用」を数えることができます。これらはニュー・コマーシャル・エンタープライズ(NCE)の枠外で創出された雇用ですが、NCEへのEB-5投資の結果として解釈されます。地域センターへの投資は、しばしば複数の事業体を含む構造があり、負債の取り決めを含むことを意味します。

 

 

地域センターへの投資の便利さは?

 

まず第一に、地域センターはUSCISの規則を遵守する義務があり、投資家が事業に直接関与する必要はありません。従って地域センターへの投資は、直接投資の管理に責任を持つ必要のないアプローチを望む投資家に適しています。

地域センターを通した投資は利率は低いですが、投資プロジェクトがEB-5の規則をすべて満たすように管理し、投資家がグリーンカードを確実に取得することを第一目標とする心配のない投資方法です。

地域センターを通しての投資では、雇用創出要件を簡単に満たすことができます。前にも述べたように、地域センターへの投資は、間接雇用を雇用創出の統計に数える事が許可されています。例えば、EB-5プロジェクトに商品やサービスを提供する業者が雇用する労働者を雇用創出要件を満たす労働者として計算に入れる事が認められています。

また、従業員がEB-5プロジェクトを下請けし、それによって彼らの収入が多くなり、地域社会への経済的貢献度が高まり、最終的により多くの雇用が創出される事につながります。これらの間接的な雇用創出も、EB-5ビザ要件の対象となります。