一般的な要件

米国政府は、米国企業への外国投資を促進するために、EB-5ビザ投資家プログラムを作成しました。
米国の労働者の雇用を創出するビジネスに投資する事を条件に、投資家及びその家族は米国の永住権を獲得する事ができます。プログラムの名前「EB-5」は、雇用ベースの移民権:第5優先EB-5のビザカテゴリーを意味します。このプログラムは、1990年に創設されて以来かなり進化していますが、現在、外国人投資家がEB-5ビザを取得するには2つの方法があります。

  1. 雇用を創出する新規または既存の営利企業への直接投資
  2. 投資家の資金と移民承認プロセスを管理する政府承認企業である「地域センター」を通じた資本投資

地域センターへの投資のメリット

地域センターを通じた投資は、EB5プログラムを通じて米国居住を求めている投資家にとって大きなメリットがあります。
最も重要な利点の1つは、直接雇用と間接雇用の両方を「雇用創出要件」としてカウントできる点です。
直接雇用創出は、 2年間で実際に特定可能な10件の新しい雇用を創出し維持した投資の結果です。
地域センタープログラムでは、投資家はプロジェクトのすべての投資家による資金プールによる間接的な雇用創出を提示することで雇用創出要件を満たすこともできます。
これらの雇用は、地域センター系列のプロジェクトに投資家が資本投資した結果創出された雇用と認められます。
投資家は、直接従業員を雇ったことを証明する必要はありません。
雇用創出は地域センターの義務です。地域センターは、経験のある経済専門家を雇って経済分析を行い、プロジェクトが直接および間接雇用を充分に創出したことを証明する義務があります。

投資額

各EB-5ビザ申請者は、雇用を創出するプロジェクトに最低180万ドルを投資する必要があります。
投資先のプロジェクトが農村地域または高失業地域と定義されている
目標雇用地区(TEA)にある場合には、最低投資額は90万ドルに減額されます。
現在、ほとんどのEB-5投資プロジェクトはTEA内で行われています。