This Theme Supports a Custom FrontPage

トランプ大統領は大統領令に署名し、米国への移民受け入れを一時的に停止しましたが、ご安心ください。EB-5および他の多くの移民および非移民のカテゴリは含まれていません!

トランプ大統領は大統領令に署名し、米国への移民受け入れを一時的に停止しましたが、ご安心ください。EB-5および他の多くの移民および非移民のカテゴリは含まれていません!

ほとんどすべての報道機関は、トランプ大統領が昨夜、アメリカ合衆国への移民を制限する大統領令に署名したと報道しました。このニュースはほとんどのクライアントにとって非常に憂慮すべきものですが、内容を詳しく見ると、EB-5クライアントには差し迫った懸念はないことがわかります。

2020年4月のEB-5 ビザ速報が公開されました。

2020年4月のEB-5 ビザ速報が公開されました。

2020年4月のEB-5 ビザ速報が公開されました。 今週、USCISはEB-5ステークホルダーエンゲージメントミーティングを開催しました。 2020年4月のEB-5 ビザ速報も公開されています。 (EB-5ビザ発給をめぐる)後退に関するニュースは改善しています。これまでに後退の対象となっている3か国のうち、インドとベトナムの両方が、「最終アクション日」チャートではなく「出願日」チャートに基づいて最新の処理を行っています。 2020年3月のビザ速報では、最終アクションチャートの日付は、中国が2015年5月15日、インドが2018年10月22日、ベトナムが2017年1月15日でした。

IIUSA、国土安全保障省と米国市民権・移民業務局を提訴

IIUSA、国土安全保障省と米国市民権・移民業務局を提訴

ご存知ですか?   IIUSA、国土安全保障省と米国市民権・移民業務局を提訴   Invest in the USA(IIUSA)は2020年3月2日、国土安全保障省(DHS)と米国市民権・移民業務局(USCIS)を相手に訴訟を起こしたと発表しました。この訴訟は、情報公開法(FOIA)に基づく特定の情報の提供を被告が遅延していることに基づくものです。 EB-5地域センター業界で唯一の非営利会員組織として、また業界調査と教育の主な情報源として、IIUSAはFOIAプロセスを通じて受け取る情報に依存しています。しかし、この訴訟は、被告が法的に定められた期限内に多くの要求に応じなかったことによりFOIAに違反したと主張しています。 処理時間の過度の遅延に照らして、被告の処理プロトコルを完全に理解するために、IIUSAはEB-5関連の申請を審査するための審査官トレーニングの資料を探しています。 America EB5 Visaでは、最近、最も重要な出願であるI-526およびI-829申請の処理時間を確認しました。 USCISのWebサイトによると、I-526の処理時間は33か月から50か月の範囲です。同サイトでは、I-829の処理時間が22か月から47.5か月の範囲で示されています。領事面接またはステータスの調整によりグリーンカードを取得するのにかかる平均時間に9か月を加え、さらに2年の条件付きグリーンカード期間を加えると、(クリーンカード認可の)後退を経験していない国からの申請者であっても、短くて88か月(つまり7.33年)、長ければ130.5か月(つまり10.875年)かかることになります。ほとんどのEB-5従事者と業界リーダーにとって、この時間枠は受け入れられず、合理的と見なされる範囲をはるかに超えていると考えています。 EB-5の詳細については、お気軽に090 1887 9919 までお電話いただくか、 info@americaeb5visa.comまでご連絡ください。